最近のガンプラ

昨日の夜、MAX渡辺氏が最近のガンプラについてつぶやいた。
要約するとだいたいこんな感じ。
●最近のガンプラはとても完成度が高いが、全然楽しくない。特にRG。
●誰が作っても同じものになる。まるでジグソーパズル。
●ならばいっそ完成品でよいのでは?

うーむ、なるほど。特にRGに関してはそう思えた。
ガンダムもシャアザクも、パネルラインを追加しまくってディテールはスゴイ。
凄いんだけど、とりあえず僕がガンダム・ザクに求めているのは
ディテールの細かさや情報量じゃないんだよね。

あと、ガンダムとザクは本来生まれが違うのに、情報の密度が
似ているせいか、同じ工場で作られた感じになっちゃう。
プラモは同じ工場だけど、RGガンダムに合わせたディテールは
ザクには必要ないと思う。ガンダムとは異なるアプローチが
必要だったのでは。

そしてこれだけ細かいディテールが盛り込まれていると、逆に個性を
出しにくい。自分だけのオリジナリティを付け足すイメージが沸かないのだ。
俺の想像力が乏しいからかもしれないけど、完成されちゃってる感が高い。
パーツが多い分、イジろうとするとすごく大変そうにも思える。

一方で同じ1/144スケールのHG系は、確かに完成度は高いけど
まだオリジナリティを盛り込めるかな、と。

例えば写真のグフカスタムは、肩のスパイクを旧HGと交換した。
武装以外はシンプルなので、少しメタルパーツも足したい。
ランドセルのバーニアも交換。肘関節はグレーで塗ったほうがいい。
スミ入れはどんな色にしよう。デカールはどんなの貼ろうかな、とか。
こういう想像力を掻き立てる楽しみが、RGにはあまり感じられないんだ。

■BANDAI 1/144 HGUC MS-07B-3 GOUF CUSTOM
■Canon EOS 7D + EF50mmF2.5 COMPACT MACRO
IMG_9937

IMG_9914

IMG_9923

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です