COMIC MARKET 79

COMIC MARKET 79は3日目に委託で参加します。
12月31日(金) 西に-03a「キラキラリップサービス」です。
新刊はシャイニング・ハーツの18禁フルカラー同人誌です(・´ω`・)
まだゲームが出てないんですが、頑張って描きました。
ちょっとだけシャイニングのキャラじゃない絵もあるけど許してヽ(`Д´)ノ
とらのあな メロンブックス <12/16販売開始(*‘ω‘ *)
2010.12.16更新

ガンプラのプラモデル

クマかわいいよクマーΣ(゚∀゚)

ガンプラビルダーズ(GPB)は、戦争を描いたロボットアニメではない。
ガンプラで戦うアニメだ。
主役メカは15cmに満たないようなプラモデル。
故にこのベアッガイも、劇中に登場するベアッガイの1/1スケールの
プラモデルという表現ができると思う。

GPBは、プラモデルを作る楽しさ、改造して自分のオリジナルの要素を
盛り込む楽しさを伝えられる素晴らしいコンテンツだと思う。
これこそ土曜日に地上波で放送すべき!ヽ(`Д´)ノ

主役のガンダム(ビギニングガンダム)は新規の金型だけど、この
ベアッガイを始め、スーパーカスタムザクF2000などは既存のキットの
金型を流用してるからプラモの開発コストも抑えられているはず。
またアニメではガンプラが(逆に)18m級のメカとして描かれ、
ガンプラ工場(静岡ホビーセンター)や日本平など、東静岡地区が
熱い戦場となっているあたりもシゾーカ県民にとっては嬉しい(*‘ω‘ *)

■BANDAI 1/144 HGUC GPB-04B BEARGGUY
■Canon EOS 7D + EF50mmF2.5 COMPACT MACRO
IMG_9939

最近のガンプラ

昨日の夜、MAX渡辺氏が最近のガンプラについてつぶやいた。
要約するとだいたいこんな感じ。
●最近のガンプラはとても完成度が高いが、全然楽しくない。特にRG。
●誰が作っても同じものになる。まるでジグソーパズル。
●ならばいっそ完成品でよいのでは?

うーむ、なるほど。特にRGに関してはそう思えた。
ガンダムもシャアザクも、パネルラインを追加しまくってディテールはスゴイ。
凄いんだけど、とりあえず僕がガンダム・ザクに求めているのは
ディテールの細かさや情報量じゃないんだよね。

あと、ガンダムとザクは本来生まれが違うのに、情報の密度が
似ているせいか、同じ工場で作られた感じになっちゃう。
プラモは同じ工場だけど、RGガンダムに合わせたディテールは
ザクには必要ないと思う。ガンダムとは異なるアプローチが
必要だったのでは。

そしてこれだけ細かいディテールが盛り込まれていると、逆に個性を
出しにくい。自分だけのオリジナリティを付け足すイメージが沸かないのだ。
俺の想像力が乏しいからかもしれないけど、完成されちゃってる感が高い。
パーツが多い分、イジろうとするとすごく大変そうにも思える。

一方で同じ1/144スケールのHG系は、確かに完成度は高いけど
まだオリジナリティを盛り込めるかな、と。

例えば写真のグフカスタムは、肩のスパイクを旧HGと交換した。
武装以外はシンプルなので、少しメタルパーツも足したい。
ランドセルのバーニアも交換。肘関節はグレーで塗ったほうがいい。
スミ入れはどんな色にしよう。デカールはどんなの貼ろうかな、とか。
こういう想像力を掻き立てる楽しみが、RGにはあまり感じられないんだ。

■BANDAI 1/144 HGUC MS-07B-3 GOUF CUSTOM
■Canon EOS 7D + EF50mmF2.5 COMPACT MACRO
IMG_9937

IMG_9914

IMG_9923