SONY α7 IIを使ってみて

SONY α7 IIを使ってみて、その画像にはとても満足している。
EOS-1Ds MarkIIIが約2200万画素だったのに対し、α7 IIは約2400万画素です。
解像感にそれほど大きな違いは感じられませんが、ノイズはかなり減ったと実感できます。
ちなみにこの場所ではISO500で撮っています。手振れ補正があるのもありがたいですね。
今時のカメラ(と言っても2014年発売ですが)なのでWi-Fi機能も便利です。

一方で、EOS-1Ds MarkIIIのほうが良かったと思うのは、ボディの堅牢さです。
α7 IIは簡単に塗装が剥がれそうなのが怖いです。
そしてグリップ感。人物撮影が多いのでα7 IIにチャイナ製の縦グリップを付けているのですが、
やはりホールド感はイマイチ。
バッテリー2個で700枚くらいは撮れそうですが、充電が少し面倒になりました。
ファインダーは、やはりEOS-1Ds MarkIIIのが圧倒的に良いのですが、一方でα7 IIでは背面液晶を
見ながら撮ることが多くなりました。顔からカメラを離して撮れるのはいいですね。
今後はミラーレスならではの特性を活かしたいです。

αから出てくる画像には大満足。
しかしながら改めてデジタル一眼レフの(特にボディの)良さを実感しています。

■ミカルさん
■SONY α7 II
DSC00658

■続きを読む →