思考のベースになるもの

僕は「コレクションが家族に捨てられる問題」とか「転売問題」みたいなものを

所得が高ければ自分で解決できる!お金で解決しよう!

というスタート地点で考え始めます。
上記の2つはどちらも低所得者にしか起こりえないものだと結論付けています。

 
多くの人が「自分がされたら頭にくる」「自分がされて嫌なことは他人にするもんじゃない!」

だから相手が悪い!!

と、自身の感情をベースに考えることしかしません。心の矢印が自分に向いてしまっています。

これは自分の人生に責任を持たず他人のせいにした生き方で、同時にこの生き方をしてしまうと
感情に振り回されて、高い所得が得られないという負のスパイラルに陥ります。

そりゃそうです。心の矢印か自分に向いていて何でも自分中心に考える。そこに人としての魅力は
つかないし、当然お金も回ってこないからです。
ネットで感情のままに攻撃的な言葉を投げつけるのがこのタイプです。

とは言え、僕も収入の話をしてしまうのはちょっと上から目線に思います。
 

そしてもう一つ、絶対的な事実として

人は完璧には生きられない!

完璧ではない自分が、他人や世の中に完璧を求める必要はないのです。
世の中は80点くらいでチョウドイイ!パーフェクトはない。

正義感はある程度必要ですが、正義感が強すぎると足りない20点を見て「これは悪だ!」となります。
正義感が強すぎるあまり、わざわざ悪を生み出してしまいます。

たまに「お前、絶対周りに嫌われてるからな!気づけよ!」みたいに言ってくる人もいますけど、
「嫌われたらどうしよう」「嫌われるのは怖い」というステージで生きていないので関係ないですね。

僕は自分の人生を生きることにしています。正しいことは正しいと言える生き方です。
 

■なりかさん
■Nikon D850 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art
なりか コスプレ ポートレート
■モテ会話マスタープログラム 笑顔を撮るなら必見の動画教材!
■続きを読む →

趣味のコレクションを処分する話 その1

時々夫の趣味のコレクションを処分する妻がネタになる。

よくあるのはやはりアニメ・マンガ関連のグッズやフィギュアプラモデルなどですね。

こういうツイートの度に、「女は理解がないからクソ!」「結婚はクソ!」
「男の夢や思い出を理解しろ!」みたいなレスが付きまくります。

自分も子供の頃、親に大事なものを処分されたことがあるので大事なものを処分される悲しみは理解できます。

でも考えれば考えるほど、原因は男性側にあります。

ほぼ100%男性の収入(そのものかお金の使い方)が問題であって、趣味に対する理解や結婚がどうこう
というのは完全に間違いです。
プラモ好きやコレクションの趣味のある男性は本当に自分のことしか考えられないバカばかりなのか?
思うとガッカリです。妻ではなく夫に原因があったと言い切れます。

特にこの場合、ゴミとして処分されず55万円にもなって本当に良かったと僕は思います。
4人で温泉旅行。これもまた家族にとっていい思い出になりますしね。
続きを読む→

■なりかさん
■Nikon D850 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM Art
なりか コスプレ ポートレート
■モテ会話マスタープログラム 笑顔を撮るなら必見の動画教材!
■続きを読む →

ココ・シャネルの言葉 CHANEL

先日、本屋さんでなんとなく目に留まって買ってみた本がこちら。

帯に書かれた「退屈よりも大失敗を選びなさい」という言葉が目に飛び込んできました。

ページをめくるごとに飛び出す言葉がとにかくキレキレだ。
刺激情熱に満ち溢れている。こんな女性が実在したのか!と思うと、とても興奮します。

例えばこちら。

コピーされることは
賞賛と愛を
受け取ることだ。

例えばtwitterなどで「トレパク」を検索してみると、イラストを重ね合わせたりしてトレスやパクリの
検証をしている画像が出てくる。
世の中にはわざわざ自分の貴重な人生を無駄に使って他人を叩きたい人がいる。

もし、ココ・シャネルが生きていたならば
トレスがどうこう、パクリがどうこう、著作権がどうこう言う人たちを鼻で笑って一蹴するだろう。

twitterを手にしたならばたちまち大炎上。そんな生き方だ。
自分のルールを決して曲げないが、他人にルールを押し付ける生き方もしない。

自分が「嫌い」と思ったことは徹底的に排除。
どれだけ人に嫌われようが知ったことではない!!

かっこいい…かっこいいし歴史に名を残した人物だけど、今のところは
「彼女はそれで幸せだったのだろうか…」と思ってしまうところもあります。

「退屈よりも大失敗を選びなさい」

人生は大きなチャレンジしてこそ!
彼女は「大失敗」という言葉を使いましたが、「失敗はない、結果(フィードバック)があるだけ。」
というマインドで生きていれば何の問題もありません。

人生は一度きり。大きなチャレンジをしてみましょう!それでは(*’д’*)っ
 

■いのりさん
■Nikon D750 + AF-S NIKKOR 58mm f/1.4
花宮いのり いのりんふぉと コスプレ
■美女を落とすための会話術 撮影会話の必需品!作品のレベルアップに!
■続きを読む →

偏頭痛が治ってきた。 その2

偏頭痛を治した方法

今日は実際に試した方法・治した方法をお伝えします。

偏頭痛が治ってきた。 その1

今までに試した方法は下記のとおり。

市販の頭痛薬:たまに効くけどあまり効果がない。

整体・鍼灸所:肩こりには効果あり。頭痛の頻度に変化無し。

海外の頭痛薬:輸入した鼻にスプレーするタイプ。喉に苦味が残る。効かない。

肩こり用のテープ:湿布的なもの。気持ちよさはあるが、頭痛には効果がない。

眼精疲労や肩こり用の薬:いわゆるアリ●ミン。肩こりにすら効果が感じられない。

CPAP:レンタルに月5500円くらいかかったと思うけど、変化無し。

抗うつ薬:SSRIやSNRIなど。眠くなるばかり。

頭痛用サプリ:フィーバーヒュー(ナツシロギク)が含まれているもの。
商品の販売ページを見るとすごく効き目がありそうだけど、全く効かない。

Wikipediaでナツシロギクを検索してみると…

ナツシロギクは薬草として解熱剤、頭痛や関節炎や消化器異常の薬として用いられてきた。
しかしこれらの薬効の根拠まだ科学的に十分支持されておらず、偽薬効果を超えるものではないとされる。

 
よくよく考えてみると、肩こりや睡眠時無呼吸症候群が原因ではなかったですね。

特に睡眠時無呼吸症候群はCPAPレンタルの際、病院に一泊して検査を受けるのですが、明け方の一時間に1回
10秒程度呼吸が止まる・・・みたいな微妙な結果でした。
「一応、睡眠時無呼吸症候群として診断書に書けますよ」くらいの感じです。
 

鍼灸所に通い始めた頃は、肩こりの解消が感じられたので「これはいいかもしれない!!」と
思ったのですが結果として頭痛は治まりませんでした。およそ1年で10回程度通いました。
鍼灸所の施術が悪かったわけではありません。自分の症状に合っていなかっただけです。

その段階でようやく「首こり」に着目し始めました。
続きを読む→
 

■いのりさん
■Nikon D750 + AF-S NIKKOR 58mm f/1.4
いのりんふぉと 花宮いのり コスプレ
■美女を落とすための会話術 撮影会話力アップ間違いなし!作品のレベルアップに!
■続きを読む →

偏頭痛が治ってきた。 その1

ここ数年間、さんざん悩まされてきた重度の偏頭痛から開放された。

もともと頭痛になりやすい体質で、過去には病院を転々としていろんな薬を試すなどして
ウン十万円は使ってきました。
当時、CPAP(シーパップ:持続陽圧呼吸療法)という睡眠時無呼吸症候群の治療に使う
機械のレンタルもしましたが効果なし。

ここ数年間は、整体や鍼灸所に通ったり運動をしても週2日くらいのペースで頭痛になるように
なってしまいました。

朝から頭痛になることが多く、市販の頭痛薬も効かないことが多くて、今思い返すと本当に
辛い日々でした。
頭痛とまではいかなくても、なんとなく頭が重い日がほとんど。

整体や鍼灸所にも通いました。
鍼灸所に関しては肩こりの解消には効果があったけど、一回7,000円。
一般的な整体に比べて高額だ。
頭痛が治まらずうまく働けない上に7,000円が飛んでいくのも、正直痛かったです。

いつか頭痛も治ると信じて約1年で10回くらい通ったけど、「頭痛を治す」という「結果」
得られなかったのでやめてしまいました。

 

その後、今年の夏に「やれることは全部やろう!!」と思って、一旦「首こり」を解消すること
だけを考えるようにしてみました。

結果、それがアタリました。

「首こり」の解消を意識し始めると、徐々に頭痛の頻度が減り、今では雨が降りそうなときにだけ
少しぼんやりするくらいの感じにまでなりました。(MAX100とすると10~20くらい)

今でも多少低気圧の影響を受けますが、バファリンもまあまあ効くのでそれほど辛くないです。

やっと自分の人生を生きられる!!

 
そんな気分です。
次は首こりを解消するために買ったもの、試したことを書いてみます。

頭痛の原因はいろいろあると言われていますが、どこかの誰かを助けることができたらと思います。
 

■いのりさん
■Nikon D750 + AF-S NIKKOR 58mm f/1.4
いのりんふぉと 花宮いのり
■美女を落とすための会話術 撮影会話の必需品!作品のレベルアップに!
■続きを読む →