SONY α7RVは1億200万画素か

カメラ・レンズ

SONY α7RVは2022年発売予定

    ソニーが新しい1億200万画素フルサイズセンサーを公式にリストアップしたことを知っている。
    99%の人は1億200万画素を必要としていない。
    しかし、私はトリミングに大きな自由を持っているという考えが好きです。

I hope this A7rV image will become true in 2022 🙂

α7のRシリーズは高画素機でIVは約6100万画素でおよそ30万円。
もう十分だと思うしデータが大きくなるのも面倒に思う。でもSONYは満足していないのか…。

トリミング耐性が高いのは事実だけど、人は1億画素分の情報量のすべてを認識できない。
でも決定的瞬間を最高の画質で残したい!という気持ちは理解できなくはない。

既にFUJIFILMのGFX100シリーズ(中版センサー)が1億画素を超えているけどボディはおよそ70万円。
α7RVがこれまでのRシリーズと同じ価格帯なら38万円前後のスタート。レンズその他を含めたコストを
考えたら1画素あたりのコスパは凄い。

ぼくも以前は高画素機を求めていたけど、EOS RPの2620万画素(6240×4160pixel)はとても
バランスが良くて気に入っています。
コスプレ・ポートレートで大きく印刷しないならEOS R6の2010万画素でも十分に思う。
画像サイズで5472×3648pixel。多少のトリミングにも耐えられる。
レイヤーさんには3000×2000pixelに書き出したものを送っているけど十分なサイズ。

高画素機は商品として魅力的。
自分の中にもその感覚はあるけど年々薄れていくようにも思う。



■ひなもち:栗山未来
■Canon EOS RP + RF50mmF1.2L USM
■acosta!マルシェ 池袋サンシャイン 2021.06.27

※掲載に問題がありましたらtwitterのDMにてお知らせください。

\よしむのオススメ機材/





コメント