EOS RPの瞳AF・顔認識AF

カメラ・レンズ

ミラーレス一眼の時代になって瞳AF・顔認識AFが当たり前になった。
このシステムは本当に素晴らしく、人物撮影でフレーミングに集中できる。

EOS RPでもとても便利に使っているけど、片目が髪に隠れているキャラクターでは人間の顔として
認識してくれないことが多い。レム・ラム、マシュ、ライスシャワーなどがこれに該当する。
また、白髪ウィッグ+白背景でも顔を認識するのが難しいことがある。
(近年こういったキャラクターが少なくない。描く手間が省けるからだろうか…。)

こういう場合は設定から瞳AFを解除しているけど慣れるまでが少し大変だ。






また、横顔など顔に角度が付いた場合も顔を認識するのが難しくなってしまうのか、肩など
手前の物に合焦してしまうことがある。これがちょっとしつこくて、一度肩を追尾してしまうとAFを
リスタートしても肩を追いかけてしまう。

この場合、瞳AFを解除せず液晶ディスプレイのドラッグで顔を認識させると追尾してくれる。

対処法はあって、慣れてしまうと「よく考えられているな」と思うけど、瞳AFはもう少し進化して
くれるとありがたい。


■noa:カレンチャン
■Canon EOS RP + RF50mmF1.2L USM
■acosta!マルシェ 池袋サンシャイン 2021.06.27





※掲載に問題がありました場合、お手数をお掛けしまして恐れ入りますがtwitterのDMに
 ご連絡いただけますと幸いです。迅速に対応させていただきます。


\よしむのオススメ機材/









コメント